2010年1月27日水曜日

偉大なメダリストの習慣

専務です。

いつも結果を出す人と、
中々結果が出なくていつも悩んでいる人の決定的な違いがあります。

簡単な習慣ですが、、
聞きたいですか?

その前に、
もうすぐオリンピックですが、メダルリストも面白い傾向があります。

何回もメダルを取る者と
そうでない者の違いは何でしょうか?

私の勝手な印象ですが、
メダルを1つしか取れない普通の人の多くは、
最初のメダルをとる前は、大抵こんなことを言います。

「精一杯頑張ります」
「自分の実力を出せるように頑張ります」

謙虚で万人受けするコメントですが、
こんな人の多くが、次のオリンピックではメダルを逃したりしているように思います。

逆に、出るたびにメダルを取る人は、
最初のオリンピックからこんなことを考えており、発言したりします。

「絶対に金メダルを取ります」
「史上最年少で金メダルを取ります」
「3大会連続金メダルを取ります」
「○○さんの持っている歴代最高記録を更新しメダルを取ります」

こんな人は、出るたびにメダルを取っている人でしょう。

普通の人は、金メダルを取ることを最大の目標としているので、
その後は、引退し別の仕事をしたりします。
つらい練習から速く抜け出すためにメダルを取りたいと考える者もいるかもしれません。

偉大なメダリストは、
1個目の金メダルは通過点で、
その後の偉業を成すために努力し続ける覚悟があるのです。

何をもって幸せかは分かりませんが、
きっと死んだ後に名が残るのは、偉大なメダリストのほうです。


ということで、
いつも結果を出す人の習慣とは、

絶対にやると決めたことを口に出し公表すること

大きな声で叫べば叫ぶほど、言い訳できなくなります。

私達の日常は、メダリストほど過酷ではありません。
みんなで叫んだらもっと生産性の上がる社会になり、
みんなが豊かになるような気がします。

オリンピック選手の頑張りがみんなを元気にするように、
私達もみんなで元気になるように頑張りたいものです。

それでは


食の元気株式会社

http://www.shokunogenki.com

2010年1月25日月曜日

スタッフの成長

専務です。

最近スタッフの仕事の質が上がってきた気がします。
掃除もかなり綺麗になってるし、余計なものが表に出なくなっています。

仕事の評価は自分のやり方、優先順位を基準にしてしてしまいがちですが、
だいぶ私の基準と合ってきました。

厳しいことを言い続けてきましたが、
スタッフもいい加減私の価値観を受け入れてくれているようです。
しつこさで私に勝てる人はそういません。

これからはもっともっと厳しくしようと思いました。。

さて、そんなスタッフと2月1日はお店を休んで研修を兼ねて食事会をします。

日頃お店を守ってくれている優秀なスタッフと大いに飲み明かしたいと考えます。

2010年は飛躍の年にします。

スタッフも大きく飛躍してくれることを願っています。

それでは


食の元気株式会社
http://www.shokunogenki.com

2010年1月22日金曜日

ダイエット

通販好きの私はよく衝動買いをしてしまいます
夜中の通販は上手すぎます買ったからには痩せますよ
それでは
http://shokunogenki.blogspot.com/

携帯

携帯投稿
http://shokunogenki.blogspot.com/

自分を好きになるために必要なこと

自分が好きな人のつよさは、逆境にこそ発揮されます。

自分が好きな人は、少しくらいの挫折や困難でも
自分を信じているので必ず好転できると無意識に思っています。

こんな状態にするために必要なことは、

『人を許すこと』だと考えます。

少しオカルトな話かもしれませんが、
自分を好きになれない人の多くが過去に人間関係のトラウマを抱えていることが多いようです。

それは、親のことであったり、
恋人であったり、友達であったり、子供であったり、、、、

実は私も親との関係に潜在的に縛られていました。
頑張っているのにひとつ壁を乗り越える前にやめてしまう、
挫折に立ち向かうことができなかったり、
昔はそんなサラリーマンでした。

しかし、あるときひとつのブログを偶然知りました。

それは、後に、鏡の法則をいうベストセラーになった作者のブログでした。
そこには、出版される前の鏡の法則の話が書いてありました。

それから半年以内に、父親と和解しました。
そして程なくして母親と和解しました。

心から両親に感謝することができるようになったら、
頑張っていることも成果を出せるようになり、
自分のやりたいことに協力してくれる人も出てきました。

優秀な店長も
こんな人であることが多いようです。

今の時代、みんな結果を出したくて頑張っています。

しかし、もう少し掘れば水が出るというところで挫折してしまうようです。

一度決めたことを最後まで遣り通すことが成果を挙げる方法です。

そのためには、まずは人を許すことをしなければいけません。
一方的に許してしまいましょう。

トラウマの無い世界は綺麗なものが輝いて見えます。

今すぐ許しましょう


次回は、自分を洗脳する方法です。

それでは






食の元気株式会社
http://www.shokunogenki.com

2010年1月20日水曜日

優秀な店長が絶対に持っているスキル

こんにちは、専務です。

優秀な店長に備わっているスキルのうち、
絶対に必要なスキルは
『自分が大好きだという自己肯定スキル』です。

自分に自信が無く、自分のことを好きになれない者は、
大きな実績を積み重ねようとしません。
失敗しても、やっぱり俺は駄目だとか、俺に出来るはずがないだとか
無意識にマイナスな思考になってしまいます。

お店のトップがこんな状態で、
他店よりもダントツに素晴らしいお店になるはずがありません。

逆に、根拠の無い自信を持ち、
俺は大きなことが出来る人間だ、
俺は何か人のためになることをするために生まれてきたなどと、
いい意味で勘違いしている者は、
全て未来の自分のためになることをしようとします。

絶対にマイナスなことをしないので
当たり前に結果がでます。

さらには、自分の存在を肯定するために大きな実績を挙げようとします。

優秀な店長とは、
自分を信じて、自分の未来のために頑張り続けることが出来る状態にある者です。


次回は、自分を好きになるためにしなければいけないことを書きます。

それでは

食の元気株式会社
http://www.shokunogenki.com

2010年1月19日火曜日

店長に最も必要な力

専務です。

飲食店の店長に最も必要な力とは何でしょうか?

最も必要な力は、
目的達成能力の高さです。

経営は数字です。

ただなんとなく、
自分なりになどは通用しません。

計算された数値目標に沿った計画を成し遂げていれば
幸せなお店になります。

正しい計画を立てるのは経営者の仕事ですが、
それを達成するのは店長の仕事です。

優秀な店長とは、
計画を達成し続けることのできる者のことです。

次回は優秀な店長に備わっている資質を書きます。

それでは



食の元気株式会社

http://www.shokunogenki.com

ブログ引っ越しました

専務です。

色々やりたくて引っ越してきました。
今度はこちらでまじめに書きます。

それでは